「京」に続く次世代スーパーコンピューターの主要部品がCEATEC 2019で展示されていたため、さっそく見てきました。詳細は以下から。

CEATEC 2019の富士通ブースにあったスーパーコンピューター「富岳」コーナー。

「京」に続く次世代スパコンが2012年ごろの供用開始に向けて開発されています。

富士通が供給するのは「A64FX」と呼ばれるCPU。



7nm FinFETプロセスで開発されたARMベースとなるA64FX。メモリバンド幅が毎秒1024GBと広いのが特徴ですが、これは気象予測などの演算にも対応するため。


ARMベースとなったことで消費電力あたりの処理能力が高まり、京の最大100倍のアプリケーション実行性能を叩き出すとのこと。

京のアーキテクチャを継続・強化することでプログラム資産も継承できます。


コメントを見る

【次世代スパコン「富岳(ふがく)」試作機のCPUやメモリユニットをCEATEC 2019で見てきました】を全て見る