神戸市立東須磨小学校の教諭4人が同僚をいじめていた問題で、文部科学省の亀岡偉民(よしたみ)副大臣らが15日、同市教育委員会を訪れて長田淳教育長と面会。

 経緯の説明を受けたうえで、早期の事実解明と加害者の厳正な処分を求めた。

 面会の冒頭、長田教育長は「教育行政に対する信頼を著しく低下させる事態を起こした。多大なるご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした」と謝罪。亀岡副大臣は「子供たちの指導を行うべき教員がこのような事件を起こすとは信じがたい。原因究明と事実解明をしっかりと行い、事件を起こした教育者に対しては厳正な処罰を含めた対応をしていただきたい」と要求した。

 非公開の協議では、文科省側が関係者の聴取が不十分なことなど市教委の対応の遅さを批判。市教委は、有識者による調査チームで事実解明に当たり、年内にも結論をまとめると説明したという。

 亀岡副大臣は面会後、報道陣の取材に応じ、「早く子供たちが安心して教育を受けられるような環境づくりを文科省としてサポートしていきたい」と述べた。

 市教委によると、いじめの加害教諭は30代男性3人と40代女性1人。遅くとも昨年から男性教諭(25)が激辛カレーを食べさせられ、尻をたたかれてみみず腫れができるなどの被害に遭った。

 前校長と現校長は他の教諭らからいじめについて聞いていたのに、市教委への報告を怠った。男性教諭は精神的に不安定になり、今年9月から欠勤。他にも20代の3人が暴言やセクハラを受けた。