水戸市北部の浸水の深さ推定地図。中央を流れるのが那珂川で、中央下の色が濃い部分は深さ約7.2メートルと推定される(国土地理院提供)

 台風19号に伴う浸水被害で、那珂川が氾濫した水戸市では浸水の深さが最大約7.2メートルと推定されることが15日、国土地理院の分析で分かった。

 地理院によると、最も深い地点は水戸市北部にある常磐自動車道水戸北インターチェンジ(IC)付近。ICの南側に広がる畑で約7.2メートルと推定された。

 この他の河川では、阿武隈川が福島県伊達市で最大約5.2メートルに達したほか、吉田川が宮城県大郷町で約4.5メートル、久慈川が茨城県常陸太田市で約4メートルの深さまで浸水したと推定された。

 地理院はSNSの投稿写真や航空写真を基に浸水の深さなどを試算。標高データと組み合わせて浸水範囲を推定した地図を作成し、ホームページで順次公開している。