携帯各社が来年春にもサービスインする「5G(第5世代携帯電話)」。
auが試作機を使ったデモンストレーションをCEATEC 2019で行っていたので、さっそくチェックしてきました。詳細は以下から。

CEATEC 2019のKDDIブース。「au 5G」のロゴが輝いています。

5Gデモブースでは28GHz帯、100MHz幅×4の4CC CAを使った下り最大2.2Gbpsの超高速通信を体験できます。

これがauの5Gスマホ試作機。

Galaxyシリーズをベースにしたモデルです。

Xperiaシリーズもあります。

背面を見てみると、既存のXperiaシリーズとは異なるモデルであることが分かります。来年発売の5G対応Xperiaはデュアルカメラなのでしょうか……?

これが5G基地局。試験的に電波が発射されています。

通信速度は実測で1.4Gbpsを超えました。最大1.9Gbpsまで叩き出していたことがわかります。

速度だけでなくレスポンスの速さ、通信できる容量の大きさなど、あらゆる面で4Gから進化する5G。固定回線に置き換わる日は訪れるのでしょうか。
コメントを見る

【auの5Gスマホ試作機をCEATEC 2019で速攻チェック、実効速度で余裕の1Gbps超えも】を全て見る