画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクは10月15日、情報工学や情報科学、統計学などの分野において、AI(人工知能)に関する学修・研究に取り組む修士課程1年次の学生を対象とした、最大で総額1億円の2020年度給付型奨学金プログラム「ソフトバンク AI 人材育成スカラーシップを設立すると発表した。

同プログラムでは、ソフトバンクが日本国際教育支援協会(JEES)の「冠奨学金事業」に寄付した寄付金が、最大100人の学生に100万円ずつ奨学金として給付される。

応募は、対象の大学を通し、JEESが2019年10月15日から2020年1月9日まで受け付ける。応募には、2020年4月時点で在籍予定の大学の学長推薦などが必要。