Xperia 5 SO-01M

株式会社NTTドコモは、2019-2020年冬春の新商品ラインナップとして、ドコモ スマートフォン5機種、キッズケータイ1機種、らくらくホン1機種、ドコモ テレビターミナル1機種の全8機種を10月18日(金曜)から順次発売すると発表した。

いち早く秋冬モデルを発表したauはサムスンの折りたたみスマホGalaxy Foldの日本独占販売というサプライズがあったが、ドコモのスマホラインナップ5モデルは、auが取り扱うものと同じで、手堅い品揃えとなった。

ハイエンドモデルは、高速処理を実現するRAM12GBと約6.8インチの大画面有機ELディスプレイを搭載した「Galaxy Note10+ SC-01M」、6.1型シネマワイドディスプレイ搭載の「Xperia 5 SO-01M」、140g台の軽量ボディと4倍速の高速表示が可能な約6.4インチ大画面有機ELディスプレイ搭載の「AQUOS zero2 SH-01M」の3機種。

これらは最大12回分の端末代金の支払いが不要となる「スマホおかえしプログラム」の対象となっている。

スタンダードモデルはかんたんモード搭載の「Galaxy A20 SC-02M」「AQUOS sense3 SH-02M」となっている。

発表資料
URL:https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/10/11_00.html
2019/10/15