「ある人の発言に批判が起きています」と司会の国山ハセンが、自民党・二階俊博幹事長の言葉を伝えた。

二階氏はおととい13日(2019年10月)、台風19号の被害を受けて開かれた自民党役員会のあいさつで、「予測されていろいろ言われていたことから比べると、まずまずで収まったという感じだ」と言い出したのだった。

死者が20人を超え(13日午前当時)、多くの方不明者の捜索が続けられ、各地の河川が大氾濫している状況下での発言だ。

「言っていいことと悪いことの底が抜けている」

会合後、記者団に真意を問われ、「日本がひっくり返るような災害、そういうことに比べればという意味だ。1人亡くなったって大変なことだ」と釈明した。

立憲民主党の蓮舫副代表は「与党幹事長の発言は軽くない。この認識はない」とツイッターで批判した。

キャスターの立川志らく「なぜ、あんなことを言うのか。思わず出ちゃったのだろうが、1万人でも1人でも同じ悲劇だ。数で国民を考えている。ポロっと出たのだといって許されることではない」

鴻上尚史(演出家)「言っていいことと悪いことの底が抜けている。皆が苦労していることを肝に銘じていない」

国山「本当に必要なのは被災者への支援です」