格安スマホ「UQ mobile」が2019年秋冬モデルとして「OPPO A5 2020」を発表したのでレビューをお届けします。詳細は以下から。

「OPPO A5 2020」本体。6.5インチHD+(1600×720)液晶にSnapdragon 665、4GB RAM/64GB ROM、1600万画素前面カメラ搭載。同時期に発売される「Xperia 8」「AQUOS sense3」を上回る性能です。

背面には5000mAhという超大容量バッテリーを搭載。いざという時に、ほかのスマホを充電できてしまいます。

背面カメラは1200万画素(標準)、800万画素(119度超広角)、200万画素(モノクロ)、200万画素(ポートレート)の4眼仕様に。格安スマホながらとんでもない1台です。

実際に触ってみたところ。かなり快適なレスポンスです。

側面などはこんな感じ。イヤホン端子もあります。




立体音響技術「ドルビーアトモス」にも対応。

セキュリティも作り込んであります。

角度を変えると色味が変わる加工。ブルー、グリーンの2色展開です。



nanoSIMカード2枚(DSDV)とmicroSDXCカードを組み合わせられるトリプルスロットやFMラジオなども搭載。コスパを追求したいなら間違いなくこの1台です。


コメントを見る

【UQ mobile版「OPPO A5 2020」速攻レビュー、4眼カメラ搭載の高スペック格安スマホに】を全て見る