自宅に生後間もない男児の遺体を遺棄したとして、警視庁は14日、東京都東村山市の無職少女(19)を死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。

 少女は容疑を認め、「9月下旬ごろに自宅で産んだが、泣き声がなかった」などと供述しているという。

 東村山署によると、逮捕容疑は9月下旬ごろから10月14日、自室でポリ袋に包んだ男児の遺体を段ボール箱に入れて放置し、遺棄したというもの。男児に目立った外傷はなく、何枚ものポリ袋に包まれて密閉されていた。へその緒のようなものも入っていたという。

 少女は50代の母親、姉との3人暮らし。異臭に気づいた母親が14日未明、少女の部屋で遺体を発見。少女は母親に連れられて署に出頭したという。署は、少女が男児を産んだとみて、遺棄した動機や死因を調べている。