姜正政務首席秘書官(左)とチョ国法務部長官(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の姜蒞正(カン・ギジョン)政務首席秘書官は14日、チョ国(チョ・グク)法務部長官が辞意を表明したことについて、「(チョ)長官の決心だった」と伝えた。チョ氏は自らの辞任を求める大規模集会に重い責任を感じていたという。

 チョ氏は先月9日に長官に就任したが、娘の不正入学や家族ぐるみの不透明な投資など多数の疑惑が取り沙汰されており、チョ氏の妻は私文書偽造の罪で在宅起訴されている。