14日、京都競馬場で行われた3R・2歳新馬戦(ダ1200m)で6番人気、松田大作騎乗、ヴィンチェーレ(牝2・栗東・武英智)が快勝した。2馬身差の2着にアナザーエンド(牡2・栗東・飯田雄三)、3着にテンサイドカップ(牝2・美浦・矢野英一)が入った。勝ちタイムは1:12.8(稍重)。

 1番人気で古川吉洋騎乗、メイショウオイワキ(牡2・栗東・藤沢則雄)は8着、2番人気で松山弘平騎乗、ワンスウィートデイ(牡2・栗東・牧浦充徳)は9着敗退。なお、6番チェスナットホークは競走中止となっている。

【秋華賞】川田「顕著に走らなくなってしまいました」レース後ジョッキーコメント

ラストは流す余裕を見せ2馬身差

フェノーメノ産駒のヴィンチェーレが軽快に飛ばして逃げを打ち、嬉しいデビュー勝ちを飾った。スタートから速力の違いでヴィンチェーレがハナを奪い半馬身ほどのリードで直線へ。直線入り口から突き放しにかかりセーフティーリードを奪うとラストは流す余裕を見せてゴール。スピードの違いを見せた。

ヴィンチェーレ 1戦1勝
(牝2・栗東・武英智)
父:フェノーメノ
母:ケイティマイヒメ
母父:コロナドズクエスト
馬主:桑田牧場
生産者:桑田牧場