明治時代の土木技術を結集した「めがね橋」。国道18号旧道からこの角度で見上げると、おおっと声が出てしまうほど圧巻の景色だ(写真はいずれも筆者撮影)


 22年前に廃線になった信越線横川-軽井沢間の碓氷峠(うすいとうげ)を1日かけて歩く「廃線ウォーク」に参加した。ここは鉄道にあまり興味がなくても楽しめる「魅力度第一級の廃線」だ。この険しい峠を越える鉄道を作るという難題に挑んだ多くの人たちの情熱を肌で感じることができた。

 前編では中間地点の熊ノ平駅跡に到着したところまでをお伝えした。実は、この熊ノ平が碓氷峠の廃線区間を一番象徴している、重要な場所だったのだ。それを納得していただくため、以下、多少細かい話だがおつきあいいただきたい。

 碓氷峠を通る鉄道の歴史や、廃線ウォークイベントの詳細については、前編を参照してほしい。
「鉄」でなくても魅了される!碓氷峠の廃線ウォーク
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57913

横川側の4つのトンネル。私たちは左から2つめのトンネルから出てきた。右側2つは障害物で見えにくいため、2枚の写真を合成した


軽井沢側のトンネルは3つ。左端のトンネルの位置が他の2つより低い理由は後述する


 トンネルは横川側に4つ、軽井沢側に3つある。ここは旧線(1893年に開通したアプト式線路、単線)と新線(1963年に単線で開通。3年後に複線)が交わるところではあるが、それにしてもちょっと数が多い。調べてみると、碓氷峠という難所に鉄道を建設する苦闘の歴史が浮かび上がってきた。

 もともと熊ノ平は、単線である旧線で上りと下りの列車がすれ違うために作った場所である。人家もないような場所に駅が作られたのもそのためだ(1966年に駅は廃止)。ただし、長い列車はそのままではすれ違えない可能性がある。

 そこで考え出されたのが、短いトンネルを掘ってスイッチバックのように列車を動かす方式だった。横川から来た下り列車は、本線から「下り突っ込み線」として掘られた行き止まりのトンネルに列車前部を入れて停車する(図1の緑線)。その間に、軽井沢から来た上り列車は本線(図1の上側のオレンジ線)を通る。その後、下り列車は列車の最後尾が「下り押し下げ線」(行き止まりのトンネル)に入るまでバックする。そのあと本線に戻って軽井沢に向かうのである。スイッチバックと同様、前進後退を繰り返すちょっと面倒な運用だが仕方がない。

 熊ノ平も水平なわけではないので、軽井沢側の本線トンネルは横川側の本線トンネルより少し高い。スイッチバックする列車はなるべく水平の方が都合がいい。このため、下り突っ込み線は本線よりも位置が低く(前掲の写真を参照)、下り押し下げ線は本線よりも位置が高い。

図1 旧線時代、熊ノ平で列車がすれ違う方法


 前編で紹介したように、1963年には新線が作られ、1966年には複線化されたが、まったく新しく作られたわけではない。熊ノ平の開けた土地とトンネル入口は有効に利用された(図2)。新線下り線の軽井沢側は、旧線本線のトンネル入口をそのまま使用した。新線下り線の横川側は、行き止まりだった旧線上り突っ込み線を掘り進めたし、新線上り線の軽井沢側は、行き止まりだった旧線上り押し上げ線の位置に作ったのだ。

図2 新線(複線化以降)開通後の熊ノ平のトンネル利用方法。7つのトンネルのうち3つは使われなくなった


 こうしたトンネルの建設事情を踏まえた上で、改めて横川側のトンネルを眺めてみる。私たちが先ほど出てきたトンネルの右側にあるのが、もともとの旧線の本線トンネルで、当時そのままの煉瓦で作られていることがわかる。横川からの旧線跡は「アプトの道」という一般の人が歩ける遊歩道として整備され、現在熊ノ平まで来られるようになっている。その右側が下り押し下げ線のトンネル。線路が水平になるよう、本線より高い位置にあることがわかる。

横川側の右端2つのトンネル。左が旧線本線(現在はアプトの道)で、右側が下り押し下げ線(行き止まり)。新線開通によりどちらも使われなくなった


 7つのトンネルは、列車運行のいろいろな制約がある中で、なるべく工事を効率的に行おうと、明治時代から昭和時代の人々が苦闘した歴史を物語るものだったのだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

アプトの道で実感する職人と技師の意地

 今回の廃線ウォークでは通らなかったが、旧線跡を利用したアプトの道(横川駅から熊ノ平まで)がどんなものかを簡単に紹介しておこう。

※駅や線路の位置関係は前編の図で確認できます。
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57913?page=2

 横川駅から熊ノ平の間には3つの橋と10のトンネルがあり、線路はないものの明治時代の趣を色濃く残す鉄道遺構群に触れられる趣深い遊歩道だ。

 中でも最も有名なのは、碓氷第三橋梁の「めがね橋」だ。埼玉県の深谷市や川口市から運ばれた煉瓦は200万個以上で、長さ91m、高さ31mという国内最大の煉瓦造アーチ橋だ。1891年(明治24年)に着工し、旧線開通に間に合うよう1年8か月という短期間で作り上げられたというから驚く。

めがね橋からは階段で国道18号(旧道)に降りられる(34番カーブあたり)。旧線と国道18号は近い場所を並走していることがわかる


 私たちが歩いている新線下り線とアプトの道となっている旧線で、最も違うと感じる点はトンネルの壁材だろう。補修箇所を除けば、旧線のトンネルは外も内部も煉瓦で作られている。苔むした年代物の煉瓦はレトロな照明の中で渋いオーラを放っている(立ち入り禁止の新線と違い、アプトの道のトンネルは日中照明が灯っている)。

めがね橋の先の6号トンネル。古いながらも、堅牢に作られたものであることを感じる


6号トンネル入り口近くの煉瓦は、目地を盛り上げるという凝った作り。派遣されたイギリス人技師の力作とのこと


 めがね橋から5本のトンネルを抜ければ、熊ノ平に到着してアプトの道は終点だ。熊ノ平から軽井沢までは、新線下り線と一部重なっていたりトンネルが塞がっていたりするため、遊歩道として整備する予定はないとのことだ。

熊ノ平へは直接行くこともできる

 立ち入り禁止の新線を歩く廃線ウォークに参加しなくても、熊ノ平へはアプトの道を歩けばだれでも行くことができる。もっとラクをしたい人は、国道18号旧道で直接近くまでいく方法もある。ただし、国道18号から熊ノ平にいたる階段はけっこうな段数があり、かなりの高低差があることがわかる。

国道18号旧道の82番カーブ近くにある熊ノ平への登り口


 ちなみに、熊ノ平にある軽井沢側の左端のトンネル、もとは旧線の下り突っ込み線だが、現在はその先が掘り進められて、関係車両が通る運搬用トンネルとして利用されている(一般の人は利用できない)。上記の階段の場所ではあれほどの高低差があったのに、200m程度(11カ所のカーブ)しか離れていないこのトンネルの出口では国道との高低差がなくなっている。国道は相当な急勾配で上っていることを改めて感じる。

ゲートは関係者しか開けられない。ゲートの先は国道18号旧道の93番カーブ


軽井沢を目指してスパート

 昼休憩が終わり、午後のウォーク開始の時間となった。熊ノ平から軽井沢方面へは4号から18号まで15本の短めのトンネルを通る。熊ノ平からは旧線を飲み込むような形で新線が作られているので、随所に旧線の名残があって見どころも多い。

10号トンネル入り口。新線トンネルの左側にはコンクリートでふさがれた旧線トンネルがある


11号トンネルの側面にある穴から出ると、煉瓦の一部が見え、新線が旧線を飲み込んだ作りになっているのがわかる


 一つひとつトンネルを抜けていくが、短めとはいえ数が多い。上り勾配はそれほど気にならないが、それなりの疲れが出てきて、ゴールはまだなのかという気分になってくる。しかし、トンネルとトンネルの間の短い区間で立ち止まり、あふれる緑に包まれると、列車で乗っていたら一瞬で通り過ぎてしまう場所であることに思い至り、とても希少な経験をしていることを実感する。

陰ったり陽が差したりを繰り返す天気。美しい光芒に少し元気が戻ってきた


18号トンネルで最後の日を想う

 最後の18号トンネルに入る。これが最後と思えば、これまでの疲れも吹き飛ぶようだ。そして思いがけないものを発見した。群馬と長野の県境だ。そういえばすっかり忘れていた。ずっと群馬県を歩いてきたんだなということ、碓氷峠の最高地点はこの上の地上あたりにあるんだということに気づく。

ライトに照らされた県境標識。県境はなぜかワクワクする


 今回の廃線ウォークは9月30の月曜日に行われた。あえて平日に実施したのにはわけがある。22年前の今日、この路線が廃止された特別な日なのである。このため、参加者のうち鉄道ファンの比率は普段より多かったようだが、廃線を歩くのは初めてという人もいて、幅広い人々にこの路線の魅力を知ってもらいたいという主催者の想いが形になり始めているように思えた。

ゴールとなる18号トンネル出口。やりきった感がみなぎる


 廃線を歩くという非日常な時間を過ごし、とても濃密な体験をした、というのが率直な感想だ。高く険しい山を越えるという難題に挑んだ多くの人たちの積み重なった想いは、実際のその場所を歩くことでより強く感じられると思う。「魅力度第一級の廃線」は誰にとっても歩く意味がきっとあるのだと思う。

 最後に1枚の写真を載せて、今回のリポートを終えたい。今回は碓氷峠を越える鉄道建設の格闘だけに触れたが、道路も旧中山道、国道18号(旧道)、碓井バイパス(国道18号新道)、上信越自動車道という変遷をたどっている(ただしどれも廃道になっていない)。鉄道も馬車や自動車もない時代、平民も高貴な人も一様に歩いて山を越えた道が旧中山道だ。碓氷峠越えはすべてここから始まったといえる。

国道18号旧道の9番カーブ近くにある旧中山道の入口。標識の左にかなり急な山道が見える


※記事で紹介しきれなかった写真などを、著者のブログで掲載しているのでこちらもどうぞ。
http://officemakimura.sakura.ne.jp/wp2/2019/10/13/%e7%a2%93%e6%b0%b7%e5%b3%a0-%e5%bb%83%e7%b7%9a%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%af-%e3%81%8a%e3%81%be%e3%81%91%e3%81%ae%e8%a3%9c%e8%b6%b3%e7%b7%a8/

筆者:牧村 あきこ