タジキスタンの子どもたちからも大人気のDF吉田麻也(サウサンプトン)

写真拡大

 日本代表DF吉田麻也(サウサンプトン)は13日、ラグビーワールドカップで史上初の決勝トーナメント進出を果たしたジャパンチームに言及し、「スコットランド、アイルランドといった強豪がいる中で1位突破できたのはとてつもないこと」と感嘆した。普段はラグビーへの注目度の高いイングランドでプレーしているだけに、偉業へのリスペクトはひとしおだった。

 ラグビーの日本代表は13日、グループリーグ最終節で強豪スコットランドを28-21で下し、無傷の4連勝での決勝トーナメント進出を決めた。この日、タジキスタンで練習した森保ジャパンはおおよそラグビーの試合終了時間に取材対応を実施。リードした状態で最終盤を迎えているという情勢を確認した吉田は、自身のW杯経験を踏まえた実感を語った。

 吉田はグループリーグ敗退に終わったブラジルW杯、決勝トーナメントに進出したロシアW杯の2大会に出場。それでも自国開催のW杯を「プレッシャーは僕らが想像できない」と表現する。そのうえで「大国に勝つということはそれだけの準備と、僕らの目には映らないたくさんの努力があるんだろうなと同じアスリートとして理解できる」。偉業を成し遂げた“ジャパン”がこれまで通ってきた試練に思いを寄せていた。

 もっとも、現在はカタールW杯2次予選を戦う身。アジアのサッカーにおいて“大国”とは日本のほうだ。「どの国もアジアで戦うときは日本とやるのを楽しみにしているし、日本を負かしてやろうとチャレンジャーの気持ちで挑んでくる」。そう異なるプレッシャーを指摘した吉田は「当たり前のように勝つ、当たり前のように良いパフォーマンスを出すことを求められる」と冷静に意気込みを示す。

 3度目のW杯予選、31歳に気負いはない。「いつもどおりのことをしっかりやるだけだし、チームもそうすることが求められる」。平常心を強調した吉田は「やるべきことをやればパフォーマンスを出せる自信もある。なぜ自分が選ばれているのか、なぜ3回目の予選を戦っているかをチーム内外に示さないといけないのは当たり前」と述べ、“大国”の主将を担う者としてのプライドをのぞかせた。

(取材・文 竹内達也)