福島県南相馬市小高区で発見された遺体について、同市は13日、台風19号への対応に当たっていた男性職員(25)と明らかにした。

 男性は直前まで避難所の開設準備などを行っており、車で帰宅中に巻き込まれたとみられる。

 南相馬市によると、男性は小高交流センターに務める主事。同センターで避難所の開設作業を行い、13日午前0時半ごろ退庁した。

 約10分後に男性から「車が水没したので車外に脱出した」と職場に電話で連絡があったが、行方が分からなくなっていた。

 警察や消防などが付近を捜索し、午前5時40分ごろ小高区内の県道近くで遺体が発見された。発見場所から約100メートル先には、男性が乗っていた車があったという。