試合後、スコットランドの選手たちがつくった花道を通って引きあげる日本の選手たち=西畑志朗撮影

写真拡大

(13日、ラグビー・ワールドカップ 日本28―21スコットランド

 決勝トーナメント進出のためには勝利が必要だったスコットランド。

 後半の立ち上がり、日本に最大21点のリードを許した。しかし、ここから意地を見せる。大きな展開を仕掛けて連続トライ。だが、追いつくことはできなかった。

 もったいなかったのは、前半の防御だ。日本の攻撃のテンポが上がると、防御ラインが下がり、ついていけなかった。SHレイドローは「僕らはディフェンスに自信をつけている」と話していたが、結果は伴わず。2大会ぶりに1次リーグで敗退した。

 終盤の必死の猛攻実らず敗戦が決まると、信じられないといった表情で両腕を頭にやる選手も。それでも、日本の選手に花道で送られた後は、自分たちも花道を作って日本の選手たちを送り、健闘をたたえていた。タウンゼンド監督は「日本はすばらしいチームだった。前半でポゼッションがとれなかった。後半はとれるようになったが、チャンスを生かせなかった」と話した。