あれ…太って見える!?意外としがちな「着膨れするコーデ」4選

写真拡大

気に入って買ったけど、なんだか太って見える……という服はありませんか?ゆったりとしたデザインが最近の流行りですが、組み合わせやアイテムによっては、着膨れして見えてしまうことも。そこで今回は、意外としがちな「着膨れするコーデ」4選をご紹介します。

(1)ゆるトップス×ゆるボトムス

『上下どっちもゆるっとした服だとかえって太って見える』(28歳/飲食)オーバーサイズのアイテムを選ぶ場合は、トップスかボトムスどちらかにすることがオススメ。トップスもボトムスもどちらもオーバーサイズにしてしまうと、体のシルエットが見えず、太って見えてしまうことがあります。ゆったりめなトップスを着る場合はボトムスをタイトに、ワイドパンツなどを選ぶときはトップスをスッキリさせることで、コンパクトな印象になります。

(2)膨張色トップス

『トップスが膨張色だとかなり太って見えるよ』(26歳/美容師)トップスにパステルカラーや白などの明るい膨張色を選ぶと、着膨れして見えることも。パステルカラーや白などのカラーは、女性らしさを演出してくれる可愛いカラーですが、実際よりも太って見えてしまう可能性が大きいです。着膨れが気になる場合は、トップスに膨張色はもってこない方がいいかもしれません。

(3)ふんわりボトムス

『ふわっとしたビッグシルエットのボトムスは、下半身がかなりボリューミーに見える……』(29歳/販売)体型も隠せて、リラックスした着心地のビッグシルエットのボトムス。お店にも沢山並んでいますが、ビッグシルエットのボトムスは下半身が大きく見えやすいアイテムです。とくに注意が必要なのが、ふんわりとしたデザインのもの。着膨れしないボトムスを選ぶためには、サイズ感とともに素材やシルエットにも注目することが大切です。

(4)露出がない

『手首とか足首とか出てるだけで結構華奢に見えるよね』(27歳/営業)露出がないコーデも、圧迫感を与えるため、実際よりも太ってみられてしまうことが。デコルテや手首、足首など一か所でも出すことで、女性らしさも演出でき、スッキリした印象になります。寒くなるとどうしても防寒が優先になりがちですが、少しの露出が着膨れを防いでくれますよ。着膨れしないためには、アイテム選びだけでなく、全体のバランスも重要です。上手に組み合わせて、スタイルアップを目指しましょう。(恋愛jp編集部)