10月12日(土)よる10時より、AbemaTVにてオリジナル結婚リアリティーショー『さよならプロポーズ』#8が放送。婚約して1年になる彼氏のカズ君(26)に、「結婚しない」という選択肢を提示したサアヤ(29)が、結婚とは何か、自身の考えを語った。

 本番組は、仕事が第一の彼氏を持つ交際2年のカップルと、関東と関西の遠距離恋愛をしている交際3年のカップルの2組が、イタリア7日間の旅を通し、最終日に“結婚する”か、“別れる”かのどちらかを必ず決断する、最も残酷で、愛に溢れた結婚リアリティーショー。小籔千豊がメインMCを務め、第8話はゲストに辻希美、りんたろー。(EXIT)、桃を迎えて放送された。

 兵庫の外資系企業に勤めているカズ君と、東京のモデル事務所に勤めているサアヤ。2人は約1年前に婚約したが、その後サアヤの仕事が増加し、東京を離れにくい状況に。イタリアを訪れてからも2人の話し合いは平行線をたどっていたが、シチリア島へ上陸した5日目、サアヤはついに「結婚しないでおく?」と発言。さらに、自分と向き合うため、別行動を希望したのだった。
 
 シチリア島で1人になったサアヤは「結婚とは何か?」を巡り、悶々と考え込んでいた。「結婚とは?正解不正解とかはない…」と悩ましげな表情を浮かべつつ、「結婚って1つの会社みたいに思っていて」と切り出すと、サアヤの中にある1つの答えを語り出した。

 サアヤは「どうやったら一緒にうまく経営していけるか。お互いに引っ付いていたらそれでOKじゃなくて、お互いの背中を押し合って、お互いの目標を応援しあって、それが相乗効果になっていく。結婚っていうのが1つの会社だとすると、東京支社と兵庫支社があってもいいんじゃないかなって思います」と、一緒にいることだけがすべてではないと主張。さらに、現時点での理想の結婚は「別居婚って言葉が一番当てはまる」とした。

 一方、1人でビーチを訪れていたカズ君に、番組スタッフが「サアヤさんのことはひとまず置いとくとして、カズ君の一番の理想はどんな感じ?」と尋ねると、「向こうのことを考えないのであれば、僕がこのまま今の働いている職場を続けられたら、2人で神戸で一緒に住むことです」との答えが返ってきた。
 

 やはりカズ君にとっては、兵庫で一緒に暮らすことが本心からの望みなのだ。相反する理想を抱く2人は、残された時間の中で、どのように折り合いをつけていくのだろうか…?次回、カズ君とサアヤは、ワイン工場で感涙の出会いを果たす。『さよならプロポーズ』#9は、10月19日(土)よる10時〜放送される。