マンジュキッチ獲得へ、マンUがついに口頭合意…移籍金は約13億円

写真拡大

 マンチェスターユナイテッドが、ユヴェントス所属のクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ獲得に向け、口頭合意に達したようだ。13日、イギリス紙『デイリー・エクスプレス』など複数メディアが報じている。

 今年で33歳のマンジュキッチは、今夏ユヴェントスからの移籍が確実視されていたものの、噂されたマンチェスター・Uらへの移籍は実現せず、結局残留となった。しかしユヴェントスでは、今季のチャンピオンズリーグ登録メンバーから外されるなど、マウリツィオ・サッリ監督のプランには入っていない模様だ。

 そのマンジュキッチと移籍の口頭合意に達したというのがマンチェスター・Uだ。開幕から成績不振が続く“赤い悪魔”は、アタッカー陣のケガでの離脱もあり、今冬マンジュキッチ獲得に踏み切るようだ。移籍金は1000万ポンド(約13億円)といわれ、冬から悩める名門に頼もしいベテランFWが加入する見込みとなっている。