男性を傷つけずに、深夜の電話を切る一言9パターン

写真拡大

いくら気になる男性とはいえ、夜中に電話されたら迷惑というもの。電話してくれたことに感謝しつつ、あらためて連絡をくれるように仕向けたいところです。そこで今回は、『オトメスゴレン』の女性読者のみなさんの意見を参考に、「男性を傷つけずに、深夜の電話を切る一言9パターン」をご紹介します。

【1】「今からお風呂に入るところなの」のように、女の子っぽい用事を理由に切る。
「長風呂のイメージがあるからか、『しょうがないかな』と思う男性が多いみたい」(20代女性)のように、入浴も理由にする人もいます。男性は「女の子がキレイになるための時間を邪魔するのはやめよう」と思ってくれるかもしれません。

【2】「ゴメン、今すごく眠いんだ…」と甘えた声で言う。
「甘えた感じの声で好意をアピールしつつ、機会をあらためてもらう」(20代女性)のように、眠さを理由に断るパターンです。甘えた声で伝えれば、可愛い印象を残すこともできるでしょう。

【3】「今日は遅いから…。また明日たくさん話そうね」のように、自分からかけ直すと告げる。
「『本当は話したい』という気持ちをアピールしつつ、自分の都合のいいタイミングでかけ直す」(20代女性)のように、後日自分から電話する人もいます。「明日の夕方」など、早いタイミングでかけると言えば、男性も気分良く応じてくれるでしょう。

【4】「会って話そうよ。○○日空いてる?」のように、代わりのデートを提案する。
「親しくなりはじめの男性なら、デートに誘う絶好のチャンス!」(20代女性)のように、気になる男性からの連絡なら、夜の電話に付き合うよりも、いっそデートに誘ってしまうのも手です。「直接会いたい」と言われれば、男性も電話して良かったと思うでしょう。

【5】「夜更かししたら仕事に響くよ」のように、男性を気遣いつつ切る。
「自分ではなく、男性の仕事について心配するのがポイント」(20代女性)のように、相手への気遣いを理由にする人もいます。男性の気分を損ねず、しかも思いやりのある女性という印象も残せるでしょう。

【6】「今、近くに親がいるから恥ずかしいよ」のように、周りに人がいることを理由に切る。
「実際に恥ずかしいし、男性も話しにくいはず…」(10代女性)のように、近くに家族がいると伝えて切る人もいます。切り際に「二人きりのときにたくさん話そうよ」とフォローするといいでしょう。

【7】「ゴメン、今日はちょっと体調が悪いんだ」のように、体調を理由に断る。
「体の具合が悪いなら仕方ないと思ってくれるはず」(20代女性)のように、体調不良を理由に断る人もいます。「今日は電話できなくてゴメンね」など、メールでフォローすれば男性をガッカリさせずにすむでしょう。

【8】「ゴメン、今ネイル中で手が離せない」のように、女子力を磨いていることをアピールしつつ断る。
「男性は『邪魔したら悪いな』と思ってくれるし、女を磨いていることをアピールもできる!」(20代女性)のように、美容を理由にする人もいます。「○○君のために」など、誰のために女子力を磨いているのかアピールするといいでしょう。

【9】「声を聞いたら、電話切れなくなるから…」のように、男心をくすぐりつつ断る。
「『好き好きオーラ』を感じさせつつ電話を切れば、お互い気分良く眠れるはず」(10代女性)のように、ラブラブな雰囲気を醸し出しつつ電話を切る人もいます。ただし男性が有頂天になり、電話を切らない恐れもあるので、間髪いれず「じゃ、そろそろ切るね」と終わらせましょう。

ほかにはどんな「男性を傷つけずに、深夜の電話を切る一言」があると思いますか? ご意見をお待ちしております。(外山武史)