CB不足のマンC、34歳フェルナンジーニョと契約延長か…減給の可能性も

写真拡大

 マンチェスター・Cがクラブに所属するブラジル代表MFフェルナンジーニョとの契約延長に近づいている模様だ。イギリス紙『サン』が12日に報じている。
 
 マンチェスター・Cは現在、フランス代表DFアイメリク・ラポルテやイングランド代表DFジョン・ストーンズといったセンターバックを本職とする選手が負傷により離脱。急遽代わりにフェルナンジーニョがDFとしても出場していることで、チーム内で重宝されている。

 報道によると、マンチェスター・Cはフェルナンジーニョと新たに1年の契約延長を希望している模様。しかし、同選手は現在週給12万ポンド(約1644万円)であるが、イギリス紙『サン』は、わずかに減給となる可能性を指摘している。

 現在34歳のフェルナンジーニョは2013年にシャフタール・ドネツクからマンチェスター・Cに移籍。同選手は昨季までクラブ公式戦通算270試合に出場して23ゴールを挙げている。