10月12日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい〜Kiss to survive〜』act.10(AbemaTV)が放送され、俳優の藤田富が涙する一幕があった。

 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCを、タレントの渡辺直美と、俳優の矢野聖人、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、タレントの谷まりあが務め、act.10にはスペシャルゲストとしてPerfumeのあ〜ちゃんを迎えた。

 “共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、高崎凌(以下:りょう/20歳)、西川俊介(以下:シュンスケ/25歳)、藤田富(以下:とむ/27歳)、山口大地(以下:ダイチ/31歳)、小泉遥(以下:こいはる/23歳)、後藤郁(以下:かおる/23歳)、詩島萌々(以下:もも/21歳)、西野未姫(以下:ミキ/20歳)、溝口恵(以下:めぐ/25歳)の男女9人。毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、9人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。

 オーディションで受かった主役のふたりだけが実際にキスをするというルールのもと進められてきた同番組だったが、最後のドラマの主役の座をかけたオーディションでは、なんとオーディション中からキスをしても良いことに。

 そんな前代未聞のルールにメンバーたちは大混乱だったが、先生がアトランダムで選んだりょう&ミキ、シュンスケ&めぐ、ダイチ&もものペアは、役者としての本気を見せようと、実際にキス。キスをしたからこそのリアリティのある演技を披露した。

 しかし、こいはるに想いを寄せるとむは、かおるに「チュー(をするかしないか)は言わない」と告げてオーディションに挑んだものの、キスの直前でひるみ、キスをできず。

 それに応えるかのように、とむを想うこいはるも、りょうにキスを迫られるも頑なに拒み、キスをせずにオーディションを終えた。

 その後、演技指導の澤田育子先生を含めた10人による投票で主役を選ぶことが発表され、メンバーたちは話し合いへ。

 めぐやかおるは、「本当に主役したいです(めぐ)」「絶対獲りたいし、やっぱ役者としてこんなに良い台本ないから、もし迷ってる方がいたらぜひいれてください。お願いします(かおる)」と自身を一生懸命にアピール。

 そんな役者として主役をとるために必死になるメンバーたちの姿を見たとむはオーディションを振り返り、涙。「かおるちゃん、オーディションすみませんでした」「役者として何しにきたんだろうってくらい悔しくて」と自身のプロ意識の低さに悔しさをあらわにした。

 同じくキスをしないことを選択したこいはるは、黙ったまま暗い表情。そんなふたりに、スタジオメンバーは、「とむがキスしなくて、その気持ちに応えるためにこいはるはキスしなかったってことですかね?」「自分のプロ意識の甘さに悔しくて暗いんじゃないですか」「(こいはるもとむと同じように)言いたかったけど、言えなかったんじゃないかな」など、想像を膨らませた。