ラムジー、クロアチア戦は出場可能か…ギグス監督「試合まで様子を見る」

写真拡大

 ウェールズ代表のライアン・ギグス監督が、同代表MFアーロン・ラムジー(ユヴェントス)について言及した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が12日に報じている。

 ラムジーは、EURO2020予選を含む2019年の代表戦全6試合を欠場。また、セリエA第7節・インテル戦のハーフタイムでのウォーミングアップ中に外転筋に痛みを感じたため欠場となった。

 ウェールズはEURO2020予選のグループEに所属し、ラムジーは前節のスロヴァキア戦に欠場した。ウェールズは次節、13日にクロアチア代表と対戦する。ウェールズを率いるギグス監督は、ラムジーのクロアチア戦出場可否について次のように述べた。

「我々は彼をメンバーから外していない。彼は他の代表メンバーとは別のスケジュールだったから、スロヴァキアに一緒に向かわなかったが、既にチームに戻ってきた。まだ試合まで時間が残されているから、彼の出場可否についてはそれまで様子を見るだけだ」