「そんなヤツいないって!」と男性にツッコまれる好みのタイプ9パターン

写真拡大

頭の中で「理想の男性像」のイメージをどう膨らませようが自由ですが、夢見がちな「好みのタイプ」を公言すると、「身の程知らずの痛い女」と思われてしまうかもしれません。そこで今回は、独身男性の生の声を参考に「『そんなヤツいないって!』と男性にツッコまれる好みのタイプ」をご紹介します。

【1】テレビに出てるあの人だろ!とツッコまれる「長身イケメンで料理上手な人」
「『もこ○ち』さんみたいな人、二人もいません」(20代男性)というように、明らかに芸能人という好みのタイプを語ると高望みしすぎだと思われてしまいそうです。男性に話すときは「料理ができる人」くらいにトーンダウンさせたほうがいいかもしれません。

【2】ワガママすぎ!とツッコまれる「適度にかまって、適度に放っておいてくれる人」
「自分の感情に付き合えってことでしょ?」(20代男性)というように、自分の居心地のよさを全面的に要求してしまうのも、「自己中」だと受け取られてしまうようです。せめて「一緒にいて気を使わなくていい人」などと言い換えてはいかがでしょうか。

【3】現実を見ろ!とツッコまれる「年収1000万円以上でケチじゃない人」
「年収で足切りされて気分が悪い」(20代男性)というように、収入に縛りを設けるのは、そのレベルに至らない人を敵に回すことになりかねません。「気前がいい人」「仕事ができる人」などと、稼ぎに言及しない表現にしたほうがよさそうです。

【4】都合よすぎ!とツッコまれる「モテるんだけど、ウザくない程度に一途な人」
「そんなの難しすぎるでしょ」(10代男性)というように、「一途さ」を求めるだけならまだしも、「ウザくない程度に」とまで前置きすると、一気に「上から目線」に見えてしまうようです。同じ内容でも「自分だけを見てくれる人」と言えば、オトメの願望としてかわいらしく映るでしょう。

【5】どっちかにしろ!とツッコまれる「さわやかで優しいけれど、実はワイルドな人」
「そんなギャップ萌え男はいねぇよ!と言いたい」(20代男性)というように、相反する性質の共存を求めるのは贅沢すぎると思われるようです。「いざというときに頼りになる人」などと特徴をひとつに絞ってしまえば、不快な印象は和らぐでしょう。

【6】矛盾してるだろ!とツッコまれる「超絶イケメンなのに恋愛経験がほぼゼロの人」
「もしいたとしたら人間的に何か問題あるはず」(20代男性)というように、「ウブな超イケメン」は妖精のように実在しない生物のようです。早めに幻想を捨てたほうが幸せになれるかもしれません。

【7】それ死んでるだろ!とツッコまれる「いびきをかかない人」
「程度に差はあるけど、疲れているときはしょうがなくないですか?」(20代男性)というように、まったくいびきをかく可能性がない男性というのも、ごく少数かつ見極めが難しそうです。「文句ばかり言いそうな女」だと敬遠されたくなければ、思っていても他言しないほうが安全でしょう。

【8】じゃあ、なぜオマエは日本にいる!とツッコまれる「アラブの富豪」
「冗談なのか本気なのか…いずれにしても強欲過ぎるでしょ」(20代男性)というように、世界規模の玉の輿の夢も、日本男児を白けさせてしまうようです。同じく「地方の名士」や「御曹司」など、本人の努力とは無関係のスペックを求めるのも、いい顔をされないかもしれません。

【9】お前はどうなんだ!とツッコまれる「医者、イケメン、性格良し、親同居なしの人」
「いろいろ盛り込みすぎててムカつきます」(20代男性)というように、要望満載の「好みのタイプ」を語ると、「何様のつもりだよ」と思われてしまうようです。「できればお医者さん」くらい控えめにしたほうが、無駄に敵を作らずに済むかもしれません。

「いろいろ盛り込みすぎててムカつきます」(20代男性)というように、要望満載の「好みのタイプ」を語ると、「何様のつもりだよ」と思われてしまうようです。「できればお医者さん」くらい控えめにしたほうが、無駄に敵を作らずに済むかもしれません。