今夏にG大阪からマンチェスター・Cへ移籍した食野。現在はスコットランドのハーツで研鑽を積む。(C) Getty Images

写真拡大

 現在ブラジルに遠征中のU-22日本代表。今回初めて、DFの渡辺剛(FC東京)、MFの食野亮太郎(ハーツ)、MF菅原由勢(AZ)の3人が招集を受けた。

 その日本は、現地時間10日に名門サンパウロのU-20チームと練習試合を行ない、食野と杉岡大樹の2ゴールによって3−0の勝利を収めた。

 初招集で初ゴールを決めた食野は試合後、現在プレーしているスコットランドのサポーターも意識したのか、「My first game in the U-22 national team」と英語のメッセージをSNSに投稿した。

 ファンもこれに反応し、数多くのメッセージが寄せられている。

「もう英語書くの?笑」
「簡単な英語、アザース」
「メッシーノ、ナイスゴール」
「初得点おめでとう!期待してます!」
「亮太郎!日本のエースはおまえや!東京オリンピック楽しみにしている」
「早速いいニュースを聞けて嬉しいです」

 現地時間14日には、ブラジル代表との一戦が予定されている。U-22日本代表にとっては、6月のトゥーロン国際大会の決勝で敗れた相手とのリベンジマッチだ。レアル・マドリーのロドリゴや、バルセロナからゼニトに移籍したマウコムなどの欧州組も招集したセレソンの本気度は高い。

 そのトゥーロンでは不在だった食野らが加わった日本は、リベンジを果たすことができるかーー。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部