みなさま、おはようございます。料理研究家の「かめ代」です。

心が楽になる2品弁当。連載第7回目の2品弁当は

ベビーホタテのカレーフライ塩昆布とベーコンのレンジピラフ

のレシピをご紹介します。

火が通っていて塩気もある「ボイルベビーホタテ」は、お弁当おかずの強い味方。そのまま焼いたり、フライにしたりできるため、何にでも使える優秀おかずです!

ごはんものは、冷やごはんでピラフ風の一品を。ポイントはベーコンと塩昆布。食材に味がついているものを選ぶと、しょうゆなどの調味料を追加しなくていいため、水分でベタベタしせずお弁当にも◎!

満足感たっぷりの2品弁当。お試しください。

忙しい朝も簡単!「ベビーホタテのカレーフライ」と「塩昆布レンジピラフ」の2品弁当

1品目 ベビーホタテのカレーフライ

(材料)1人分

ボイルベビーホタテ 100gかぼちゃなどの野菜 20g程度パン粉 大さじ3揚げ油 適量(フライパンの底から5mm程度)(A)薄力粉 大さじ1(A)カレー粉 小さじ1/2(A)水 大さじ1強

(作り方)

1) ボウルに(A)を混ぜてカレー衣を作る。

↓混ぜるとトロリとした天ぷら衣程度になります。

2) ベビーホタテを入れてからめる。

※100gの食材にちょうどの分量です。

3) (2)にパン粉をまぶす。

4) フライパンに油を入れて中火で熱し、(3)を並べ入れる。

※空いている部分があったら、野菜も一緒に揚げ焼きに。残った衣やパン粉をつけていれるとよい。

5) 裏返して両面こんがりと揚げ焼きにする。

6) キッチンペーパーに取り出してしっかりと油をとる。

※お弁当に詰めた後、このキッチンペーパーでフライパンをふくと油の処理ができます

2品目 塩昆布とベーコンのレンジピラフ

(材料)1人分

ごはん 茶わん1杯分(180g程度)塩昆布 大さじ1ベーコン 1枚(20g)ピーマン 1個(30g)にんじん 2cm程度(20g)バター 5g

(作り方)

1) ベーコンは細切りにする。ピーマンは縦半分に切ってヘタと種をとり、1cm幅程度の細切り、にんじんも同様の細切りにする。耐熱容器にごはんを入れて、ベーコンと野菜、バターと塩昆布をちらす。

2) 蓋をずらして置いて、電子レンジ500wで3分加熱する(密閉せずに蒸気を逃がす)。

※蓋をしたままレンジ加熱できる容器(容量 850ml レンジ加熱温度500w)を使用しています

3) よく混ぜる。

※蓋も電子レンジ可能の容器を使うと、ラップが不要になるため楽です。また、お弁当に入れて残ったらそのまま蓋をして冷蔵庫保存。夕飯の1品にもなり便利です。

2品弁当の詰め方プロセス

1) ピラフを弁当箱に入れて冷ましておく。

※冷ます時には割りばしや畳んだペーパーや小さな器等の上に弁当箱を置いて、底を浮かせると下にも空気が通り、早く冷めます。

2) 空いているところに、ホタテフライやかぼちゃフライをまずは下に入れる(たっぷり詰める時は2段に詰めます)。

3) 上にさらにホタテフライとかぼちゃフライを並べる。半分にカットしたものも詰めると、何のおかずかがわかり、断面がある方が見た目も美しい。

4) お好みでソースをかける。

※分量外の材料(ソース  適量)

*****

今週の「心が楽になる2品弁当」はいかがでしたか?

とても調理が簡単なボイルベビーホタテは、お弁当おかずの優秀食材です。カレー粉を入れると食欲をそそり、生臭みも消えますので是非お試しください。

毎日のお弁当作り。心を楽に。2品弁当を楽しんでください。

******

「心が楽になる2品弁当」のルール

おかずは2品だけ詰め方も簡単に。紙カップは使わない市販の調味料やあしらいものは常備して利用2品で朝15分以内に完成する簡単美味しいお弁当

******

料理研究家 かめ代

公式ブログ かめ代のおうちでごはん。http://kameyogohan.blog.jp/

☆この連載は<毎週日曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!