昭和レトロなラベル可愛い♡コカ・コーラ初のアルコール飲料、レモンサワー「檸檬堂」が全国発売

写真拡大 (全6枚)

日本コカ・コーラが昨年5月に九州限定で発売していた、レモンサワー専門ブランド「檸檬堂」の商品が、全国発売されることになりました。

檸檬堂

「檸檬堂」、昭和レトロなラベルがとっても可愛いんです。

近年では全国各地にこだわりの専門店も増えているレモンサワーは、1960年代に日本の酒場で生まれた飲み方なんだそうです。

「檸檬堂」では、そんな日本各地の酒場で提供されてきたレモンサワーに学び、丸ごとすりおろしたレモン果汁とお酒をあらかじめ馴染ませた「前割りレモン製法」を採用。この製法は、焼酎のおいしい飲み方である「前割り焼酎」からヒントを得て導入したんだとか。

ラインナップはアルコール度数や果汁率の異なる4種類。最近人気のアルコール度数9%の商品もラインナップされています。

「檸檬堂 鬼レモン」(レモン果汁17%、アルコール度数9%)

「檸檬堂 塩レモン」(レモン果汁7%、アルコール度数7%)

「檸檬堂 定番レモン」(レモン果汁10%、アルコール度数5%)

「檸檬堂 はちみつレモン」(レモン果汁7%、アルコール度数3%)

度数3%の「はちみつレモン」はほんのり甘く仕上げられているので、お酒があまり強くない人や女性でも飲みやすいかもしれませんね。レトロなラベルが可愛いので女性にも人気が出そうな予感。

レモンサワー「檸檬堂」シリーズは10月28 日(月)より全国発売。

レモンサワー「檸檬堂」
 

檸檬堂(れもんどう)