『バトルスター・ギャラクティカ』サム・ウィットワー、『リバーデイル』シーズン4に教師役で登場

写真拡大

平穏なはずの町リバーデイルである高校生が殺されたことをきっかけに、高校生たちが事件の真相に迫ったり、友だちや恋人、家族との関係に悩む姿を描く青春"ゴシップ"ミステリー『リバーデイル』。米国で10月より放送スタートしたシーズン4に、『バトルスター・ギャラクティカ』のアレックス・クオータラロ役や『SUPERGIRL/スーパーガール』のエージェント・リバティ役で知られるサム・ウィットワーが出演することが明らかになった。米TV Lineが報じている。

今回サムが登場するのは、10月23日(水)の放送予定の「Chapter Sixty: Dog Day Afternoon(原題)」というエピソード。ジャグヘッド(コール・スプラウス)が新たに通う上流階級の私立ストーンウォール高校での様子が描かれる展開で、サムはその高校教師チッピングを演じる。この高校では制服があるため、ジャグヘッドも仕方なく衿つきのシャツを着ることになるようだ。

チッピング先生は、同高校でクリエイティヴ・ライティングを教えており、ジャグヘッドは彼の指導のもと学ぶことになるという。だが、『リバーデイル』に登場するキャラクター全員がダークな一面を持つように、チッピング先生にも"表には出さないダークな部分がある"と言われており、こちらもまた気になるキャラクターになりそうだ。


シーズン4には、1990年代に大ヒットした青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』のブレンダ・ウォルシュ役で知られるシャナン・ドハティが出演することも発表されている。シャナンは、『ビバヒル』の共演者である今年3月に逝去したルーク・ペリーが本シリーズにアーチー(K・J・アパ)の父親役としてレギュラー出演していたため、その追悼エピソードに登場している。

シーズン4の新たなキャラクターや展開も気になる『リバーデイル』シーズン4は、米CWで毎週水曜日に放送中。日本ではNetflixにて配信中。本作の見どころや視聴記録は、【海外ドラマNAVI作品データベース】にて。(海外ドラマNAVI)

Photo:

サム・ウィットワー『リバーデイル』