CNN Weather

(CNN)大型で非常に強い台風19号の上陸が懸念される日本の警察庁などは12日、千葉県市原市で竜巻とみられる強風に襲われた49歳男性が車の横転で死亡し、複数の負傷者が出ているとの情報があると報告した。

消防庁によると、この強風で少なくとも5人が負傷した。子ども3人が含まれている。

日本の気象庁などによると、19号は日本接近に伴い勢力を弱めているものの最大風速が秒速約54メートルを維持している。大西洋上で発生するハリケーンの規模の分類では上から3番目のカテゴリー3に相当する。

日本上陸は12日午後と予想され、同国本州の中部の大半や一部の南部地方には影響が出ている。東京を含めた南部地域では12日朝から夕方にかけ約27〜約36メートルの風速や最多200ミリの雨量が予想され、洪水発生も危惧されている。

東京の首都圏の多くでは住民への避難勧告が発令され、数千万人規模が影響を受けるとの指摘もある。普段は混雑している東京の路上からも豪雨で人影が消えている。

交通網にも乱れが出ており、東京近辺の空港では遅くとも13日朝まで離着陸便が全て欠航。東京、名古屋や大阪を起点とする新幹線網も全面的な運行停止となった。在来線も同様となっている。

東京電力によると、19号接近に伴い関東地方、千葉県や首都圏では停電が発生し、1万世帯以上に被害が出た。

日本では現在、ラグビーのワールドカップ(W杯)大会が開かれているが既に2試合の中止が決まり、他の試合の実施にも波及する可能性がある。事前に承知していたはずの台風シーズンの中での試合日程の在り方についての不満も出ている。