堀江貴文氏

写真拡大

 「ホリエモン」こと実業家の堀江貴文氏(46)が11日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月〜金曜後5・0)に出演。早期退職者募集について、「金がもらいたいんだったら今すぐ辞めたほうがいいよ」と持論を述べた。

 番組では40歳以上を対象にした早期退職募集に踏み切る企業が増えてるニュースを取り上げた。堀江氏は「会社で働くって事自体が、ホワイトカラーの人なんか特にそうなんですけど、ずっと必要のない仕事をしてるんですよ。必要のない仕事をしている人が現代は多いので、いつか分からないですけど、10年以内のどこかのタイミングで、大量にリストラされる。『お前いらねーよ』って言われるタイミングがすごい出てくると思う。業務がどんどん自動化されるし、アウトソーシングしたほうが安いって思われたら。だから金がもらいたいんだったら今すぐ辞めたほうがいいよね」とアドバイス。

 また、ある女性がネット上に投稿した「12年間勤務して手取り月給14万円。日本終わってますよね?」という発言に対して「日本が終わってんじゃなくて『お前』が終わってんだよと」とツイッターに投稿し賛否を呼んだ件については、早期退職と同じ話でその仕事を早く辞めたほうがいいと主張。「今はスマホとかを通じてアウトソーシングの仕事がいっぱいあるのでで、簡単に誰でもできるスキルの仕事があって、手取り10万円くらい簡単に稼げるんですよ。高校生でも字が読み書きできればできる仕事、例えば講演会の書き起こしの仕事とかさ、(自分が)中学生だったらそういうバイトしてたと思う。田舎に住んでいたら生活費かからないから14万円もあったら実は結構いい生活できるんですよ。家族とか子供いない前提だよ」とコメントした。