コールセンターという仕事にどんなイメージがあるだろうか? 時給は高くて魅力的だが、クレーマーを相手にしなければいけないという応募を躊躇している人もいるだろう。ガールズちゃんねるに10月7日、「コールセンターで働いた事がある方」というトピックが立ち、コールセンターに興味のあるトピ主が体験談を募った。

「顔が見えないから強気になるのか高圧的な人が多い」
「とんちんかんなこと言ってきて会話にならない人とかいる」

顔が見えないため客がクレーマー化しやすいためストレスは多いようだ。他にも、悪意はないが会話が全く噛み合わない客も中にはいるため、どのようにコミュニケーションを取って良いかわからず苦労したという体験談も見られた。(文:石川祐介)

「ノルマがないと言っておきながら、成績表が毎日張り出され、順位もつけられた」


「学校の事務のバイトしてた時、女が電話に出るとわかったら、毎日電話してくる変質者が何人もいた」

女性と話したいがためにしつこく電話をしてくる変質者もいるようで、セクハラ的な発言をされたという人も。また、法人向けのコールセンターもあり、仕事中でイライラしている人も多いからか、仕事の愚痴をダラダラ聞かされるケースも少なくないという。

「ノルマがないと言っておきながら、成績表が毎日張り出され、順位もつけられた」

会社が従業員を競わせようとすることに疲れてしまった人もいた。ノルマなしでも成績表がオープンになっていたりするとそれはそれでプレッシャーだろう。

派閥を作る暇もないほど人が辞めていく?

トピック内ではコールセンターのメリットも散見された。

「時給が高くてシフトの融通が利くこと」

定着率が悪いからなのか、給与がよく働きやすい職場のようだ。業務時間内を耐えることができれば意外と悪くないのかもしれない。

そして、離職率が高いために「毎月歓送迎会してた。さらっとした割り切り職場で良かった」というコメントも見られた。派閥を作る暇もないほど従業員の出入りが激しいため、人間関係のしがらみがあまりなさそうだ。

「敵は電話相手だから職場で仲間同士ギクシャクすることはほとんど無かった」

人間は集団になると敵を作りがちだが、コールセンターの仕事では客が共通の敵として解釈されるため、従業員同士でいがみ合うことはない、ということのようだ。コールセンターのしごとはデメリットもあるがメリットも少なくない。向き不向きが分かれる仕事ではあることは間違いないので、気になる人は試しに働いて様子を見てはどうだろうか。