10月は別名「神無月」と言います。これは、旧暦の10月には全国の神様が出雲大社に集まり、他の地方から神様がいなくなるからだという言い伝えがあります。しかし、「神無月」だからといって、神社にお願いごとをしに行っても意味がないわけではありません。10月は、えびす様が祀られている神社に行くのが効果的なんです!今回は、その理由とえびす様が叶えてくれる願いについてお教えします。

【詳細】他の写真はこちら

Q 神無月に全国の神様が出雲大社に集まるのはなぜ?





来年の縁結びについての会議をするため!



全国的には10月を「神無月」と言いますが、出雲地方では「神在月」と呼びます。出雲大社の主祭神である大国主大神は、縁結びの神様だとされています。そのため、10月には全国の神様が出雲大社に集まり、来年の縁結びについて会議をします。この会議では、男女の縁はもちろん、仕事の縁やお金との縁、人との縁など、縁にまつわることの全てが決まるとされています。

Q 10月に出雲大社以外の神社に参拝するのは意味がないの?





10月に全ての神様が出雲大社に行くわけではない!



全国の神様が出雲に集まっているのなら、それ以外の神社に参拝しても意味がないと思う人もいるかもしれません。でも実はそれは間違い。神無月になったら、神社がもぬけの殻になるわけではありません。留守神と言って、神無月に出雲大社にはいかず、その土地にとどまる神様がいるんです。その代表が、えびす様です。

Q どうしてえびす様は出雲大社に行かないの?





留守番をしながらおいしいものを食べてます



えびす様は、釣竿を持ち、小脇に大きな鯛を抱えている姿からわかるように、大漁の神様です。さらに、食べることが大好きだという言い伝えも。出かけるよりもおいしいものを食べている方が好きなので、留守番をしていると言われています。だから、10月にお願いしたいことがあれば、神社で留守番をしているえびす様が祀られている神社を参拝するのがおすすめです!えびす様が祀られている神社は、都内では千代田区の「神田明神」や、渋谷区の「恵比寿神社」、関西では京都府の「京都ゑびす神社」や、兵庫県の「西宮神社」などがあります。

Q えびす様はどんな願いごとを叶えてくれるの?





先ほどえびす様は豊漁の神様だと紹介しましたが、そこから転じて、五穀豊穣や商売繁盛のご利益があると言われています。それだけでなく、開運、招福、学業成就、さらに芸事上達など、さまざまな願いを叶えてくれるんです!

わざわざ出雲大社まで行かなくても、10月にお願いごとを叶えてくれる神様はあなたの家の近くにもいます。えびす様が祀られている神社を探して、ぜひ訪ねてみてください!

文/水浦裕美