FTISLANDイ・ジェジン(Photo by Mao Nakazawa)

写真拡大 (全7枚)

「K-POP」の世界で珍しくバンドスタイルを貫いているFTISLAND。10月9日に、ベースを担当しているイ・ジェジンが初のソロアルバムをリリースする。兵役に行く前に「ソロをやるなら今」と決心をしたという。来日中のジェジンがローリングストーン ジャパンのインタビューに応じてくれた。

韓国は世界髄一の超アイドル大国だ。鮮烈で個性的なヘアメイクやコスチュームに身を固め、一糸乱れぬ群舞を得意とするいわゆる「K-POP」なチームが約300組ほど常に凌ぎを削る戦国時代さながらのサバイバルゲームが続いているが、それとは一線を画し、きわめてオーセンティックなバンドスタイルでロック ポップスと向き合い続ける青年たちがいる。それがFTISLANDだ。2010年にメジャーデビューを果たして約10年、圧倒的な存在感を放つフロントマン、イ・ホンギの傍らを担うベーシスト、それが今回フィーチャーするイ・ジェジンだ。愛らしい顔立ちと華奢なたたずまいからは想像もつかないほどの骨太なサウンドを叩き出すFTISLANDの大黒柱が、初のソロアルバム『scene.27』をドロップする。通訳を介さない流暢な日本語で、ローリングストーン誌のインタビューに真摯に答えてくれた。

―FTISLANDイ・ホンギさんに続くソロデビューですが、自ら立候補したのですか?

実は数年前から、会社からは「ソロ、やってみたらどう?」という提案を受けてはいたのですが、FTISLANDに専念したかったので、アイデアだけ保留していたんです。でも、9月末のホンギ兄さんの入隊に合わせてFTISLANDも一旦休止になってしまうし、僕も兄さんに続いてすぐに(軍隊に)行かなきゃいけない。(兵役を)終えて帰ってきたらすぐにまたFTISLANDの活動に専念したいので「ソロをやるなら今だな」と。ソロをやってから行かないと、僕自身が一歩進む機会はもうないのかもしれないと思って「頑張るから、一緒に作りましょう!」と僕から会社に改めてオファーしました。

―ついに長い間温めた念願が叶った感じですね。

そうですね。でも、企画当初はソロでどういう音楽をやるかまったく決めていなくて…というのもこれは言い訳じみていてイヤなのですが、僕ら本当に忙しくて時間がないんです(笑)! 常にめちゃくちゃたくさんの曲を作りながらカムバックして、メディアに出て、韓国や日本はもちろん世界中でライブをしなきゃいけない。自分のための曲を考えたり作ったりする時間があまりなかったんです。でも、今回は会社にもすごく協力してもらって、なんとか形にすることができました(パチパチと自分で自分に拍手)。


Photo by Seitaro Tanaka / Masahiro Yamada

―自分自身、最も表現したかったことは何ですか?

僕は何をやってもまず”FTISLANDらしさ”を真っ先に考えちゃうし、つい出しちゃうんです。これまでの青春をすべてFTISLANDに捧げてきたから。自分の視点で作ったメロディーや歌詞を提案して、個性の強いほかのメンバー(イ・ホンギ(Vo.)、ソン・スンヒョン(Gt.)、チェ・ミンファン(Dr.))と主張をぶつけ合うのが常です。だから、自分のことを正直にソロとして表現するとしたら、逆手をとって「ほかの人から見たイ・ジェジンらしさ」を作品にするのがベストなんじゃないかと思いました。僕にいつもインスピレーションをくれる人たち…メンバー、ファンのみなさん、家族、スタッフ、同じ会社の先輩や後輩、友人たち、周囲の大切な人たちが思うイ・ジェジン像をあぶり出そうと、それこそいろいろな人に僕の印象を聞きまくってさまざまなコメントをもらい、それを楽曲に反映させたんです。

―逆転の発想、意外で新しいですね。

自分目線で表現することはFTISLANDでいつもやっているから。ソロアーティストとして、新しいキャラクターを魅せる絶好のチャンスですから「みんなが考えるイ・ジェジンと、僕自身が考えるイ・ジェジン」をミックスしたらおもしろいかなと思って。なので、歌い方からレコーディングスタジオまで、いつもとは変えて作ってみました。

―周囲の人から指摘されて「意外だな」と驚いた印象はありますか?

「音程が高い声を、ラクに出せる人」というコメントでしたね。

―オーディエンスはライブでいつもうっとりと聴き入ってますよ。

違うんですよ(笑)! 僕の役割は、ホンギ兄さんのヴォーカルが魅力的に聴こえるようにハーモニーを重ねることですが、ソロとなると、FTISLANDと同じように歌っても違和感があるなと思って。自分の声を自在にコントロールする技量がまだまだなんです。今回のソロアルバムで選んだ曲たちには、むしろいつもよりちょっと高いくらいの音程で、息がまるまると入っている体温のこもった声で歌わないと合わないことに気がついて。レコーディングのときめちゃくちゃ苦労しました。とくにリード曲の「Love Like The Films」はキーを上げたり下げたりして何テイクも録って、レコーディング全体を3回も4回もやり直して…合計6日くらいかかった。


Photo by Seitaro Tanaka / Masahiro Yamada

―「Love Like The Films」には、ヴォーカル指導としてホンギさんのクレジットが入っていますね。

正直、僕のホンギ兄さんのイメージは「練習しない悪いお兄さん」でした。もちろん歌は上手いし、バンドマンとしてもちゃんとしている人なんですけど、同じチームのメンバーとして「もうちょっと頑張ってほしいのに…」って思うところも正直多々あるのですが、今回指導に入ってもらって、ちょっと見直しました(笑)。

―そうなんですね(笑)

僕がメインヴォーカルとして自立するためには何が必要なのかを一生懸命考えたのですが、「こういうふうに歌ったら、こういう表現でリスナーに伝わる」というような”計算”が僕の中にはないから、ヴォーカルとして場数を踏みまくっているキャリアの長いホンギ兄さんなら絶対知っているはず。と、思って、レコーディングに立ち会ってもらったんです。最近の兄さんはサボらず一生懸命練習しているし、ミュージカルも予定していて、とても忙しそうなので、自分からはなかなか言い出せなかったのですが、会社が「ホンギがジェジンのディレクションをすること」と伝えてくれました。

―では、来てくれたということですね!

なんですけど、実際に歌を聴いてもらうと「歌っているのはジェジン自身なのに、なんか迷っている感じがする」とズバリ言われてしまった。「みんなの意見をミックスした理想のジェジン像」を僕自身が歌っているはずなのに「ここは、自分で考えているより優しく歌っても、ちゃんと聴こえるように声を出せる」とか、「ここは、もう少し音程をまっすぐキープして歌ったほうがいい」とか、自分でも気がつかなかったたくさんの可能性に気づかせてもらいました。ホンギ兄さんはそういう”いい感じに聴こえる”細かいテクニックを本当によく熟知していて、とても詳しく教えてくれました。

―さすがFTISLANDを背負うボーカリストですね。ディテールひとつで表現がはるかに豊かになりますよね。

それで満足のいくいい感じに仕上がったので、ホンギ兄さんに助けてもらって本当に感謝しています。「他の曲も見てくれ」ってお願いしたのですが「面倒臭いから嫌だ」って言われちゃいました。

―そうなんですか。

「なぜリード曲しかやってくれないの」と残念に思いましたが、兄さんは寝る時間もないくらい本当の本当に忙しかったし、僕らはさらにFTISLANDのアンコールコンサートの準備もしながらの作業だったので、仕方がないですね。

―その努力が『scene.27』にしっかり詰まっているんですね。

ありがとうございます。伝わるといいなあ。

―その他に新鮮だったコメントはありますか?

「R&Bが似合うね」とか、「もうちょっと頑張れば、ジャズも歌えると思うよ」とも言われました。

―少しハスキーヴォイスなのがジェジンさんの魅力ですよね。

どのコメントも、僕には本当に大切でありがたいです。逆に何を言われても、僕は何でも受け入れる心の準備ができているので、リスナーのみなさんからもたくさんの意見をいただきたいです。実は今回のソロアルバムでは、ベースを弾かずにヴォーカルだけに専念したので。


Photo by Mao Nakazawa

―ヴォーカリスト、イ・ジェジンの本領発揮ってわけですね

FTISLANDのジェジンとは、キャラクターが完全に異なると思って楽しんでください。まったくの新人アーティストとしてソロ活動に挑戦しています。10月に予定しているミニライヴもバンドスタイルで演奏しますので、僕のヴォーカルを存分にお楽しみいただけたらと思います。

―MVでは、事務所の後輩に当たるN.Flyingと共演しましたね。楽しそうに演奏していて、パワーみなぎる作品でした。

彼らも最近すごく忙しいのに、兄である僕のためにわざわざスケジュールを割いてくれて、練習して、一緒に撮影して「兄さんがやることはなんでも助けます!」とまで言ってくれて…なんだか「兄さんであることの重さ」みたいなのを感じました。

―とてもいい関係ですね。

「俺も頑張るよ!」って、パフォーマンスで答えるしかないですね。実は、後輩とお互いギヴ&テイクをちゃんとできたと実感したのが、今回が初めてでした。僕はN.Flyingをサポートしてライブに参加したし、今回は彼らが僕のことを助けに来てくれた。なんだか本当の兄弟みたいな感じで、最近あいつらがなんか可愛く思えてきました。

―かなり前から事務所の先輩&後輩の間柄なのに「最近」なのですか。

最近です。もともと僕は、FTISLAND以外の人間関係はあんまり考えないほうなのです。
悩みとかを相談されたら普通に乗りますけど、同じ会社の後輩だからって「心までチーム」みたいにな気分にはならなくて。実は、昔はN.Flyingのこともあんまり気に入らなかった(笑)。努力が全然足りていない印象で未熟に思えたし、僕はFTISLANDのベーシストで、僕のチームはFTISLANDただひとつだから、極端にいえば「FTISLAND以外ではベースは弾かない」くらいのスタンスだった。でも最近は彼らもめちゃくちゃ頑張っていて急成長してきた。「N.Flyingのためなら弾いてもいいかも」と思えるようになりました。今は弟チームとして本当に可愛いです。僕もそんなにすごく偉い先輩ではないけれど、それでも、知っていることや思っていることを僕の視点でシェアしたり、教えたり、たくさん話したりしたい気分ですね。

―そもそも、なぜベースを選んだのですか?

僕、今でこそこんな感じですけれど、実は小学生までとにかく内気で友達もできなくて、中学に上がるタイミングを狙って印象を明るく変えたんです。そうしたら新しい友達が増えてきて「一緒にバンド組まないか?」って誘われた。もちろん楽器は未経験ですから「いいけど、何やればいい?」って聞いたら「ドラムとギターは難しいから、お前はベースをやれ」っていわれて、ベースを始めました。ギターと比べると4弦しかないし「ドン、ドン、ドン、ドン」ってリズムを刻むところから始めればいいから、とっつきやすかったですね。女の子にもモテそうだったし。

―バンドをやる時のきっかけは大半が「モテたい!」ですよね。

僕もそうでした(笑)。でも、これをきっかけに人生が始まったのは確かです。僕の姉が女優(イ・チェウォン)で、僕が今いる事務所に所属していたのですが、「うちの会社でバンドを作りたいみたいで、受けてみたら?」とオーディションに推薦してくれて、運よく入社できたし、デビューまですることができました。


Photo by Mao Nakazawa

―2007年のデビュー当時は、特に歌って踊るアイドルチームが全盛だったと思うのですが、なぜFTISLANDは「ロックバンド」を志したのですか?

当初は、さまざまなジャンルの音楽を演奏できるマルチプレイヤー的なバンドを目指していたんです。でも世界中を見渡すと、特にロックのジャンルで魅力的なバンドが多かった。新しい音楽を聴けば聴くほど、練習すればするほど、ロックの虜になってしまって「ロックバンドになろう!」と誓って、今に至っています。ロック特有のパワフルさとか、パフォーマンス中に感じるカタルシス的な感情が、ありえないくらい好きです。アガるロックな曲はもちろん、ポップスもバラードも、どんな曲をやっても似合うのがFTISLANDというバンドの魅力であり、誇りだと思っています。

―ちなみに、どんなベースを愛用していますか?

スペクター(SPECTOR)、レイクランド(LAKLAND)フォデラ(Fodera)などをメインで使っています。除隊したら、次はフェンダー(Fender)を買ってみたいですね。

―韓国の活動と日本の活動で、違いはありますか?

FTISLANDの実力を1000%発揮できるのは、実は日本がいちばんだと思っています。日本では本当に気持ちよく安心して演奏ができる。韓国のステージはアイドルやヒップホップが中心だから、バンドとしての演奏がちゃんとできる会場やセットがとても少なくて、正直苦労することも多いです。やりたい演出をあきらめざるを得ないこともある。なので、オーディエンスにきちんと演奏を聴かせたい肝心なステージを韓国で控えているときは、PAさんもモニターさんもローディーさんも、僕らは日本の信頼できるスタッフに来てもらっています。日本でメジャーデビューして音楽活動している実績は、韓国でも大きく評価されますね。ロックの本場はアメリカですけれど、お国柄か、スタッフもゴーイングマイウェイみたいなところがあって、パフォーマーとしてリクエストするときにちょっとやりづらいこともあります。たとえば「イヤモニのキックドラムの音をもう少し上げて、ベースの音をもっと固めにしてください」とかリクエストしても「それって必要?」みたいな反応だったり…リクエスト自体は聞いてくれますけれど、逆に「そんなやりとりこそロックだ」と思って、カルチャーとか考え方の違いを楽しんじゃった者勝ちみたいなところはありますけどね(笑)。

―前向きなところいいですね(笑)。ちなみに、将来の夢は何ですか?

もう少しお金持ちになったら、韓国にいい感じのライブハウスを作りたいです。プレイヤーがしっかり演奏できて、オーディエンスも音楽を楽しめる理想の空間です。

―以前RSJのインタビューで、ホンギさんも「音楽スタジオを作りたい」と言っていました。

いいですねー! でもホンギ兄さん、せっかくいいスタジオを作っても、篭ってゲームばっかりしてそう。 「お前ら、頑張れよー」とかいって細かいことや面倒なことは全部人任せにして、気分が乗ってきたときだけ「これいいじゃーん」と、調子よくヴォーカルのせてきそう…。でも、ノリで作った曲が案外ロックらしく生き生きしていて、みなさんにも楽しんでいただけるのかもしれませんね(笑)。


Photo by Mao Nakazawa


イ・ジェジン(from FTISLAND)
『scene.27』
2019年10月9日リリース

◎収録曲(全形態共通)
1. Intro
2. Love Like The Films
3. KILLING ME PLZ
4. Oasis
5. Invisible
6. Share the love

●通常盤(CD)価格:¥2500円+税
※初回プレス分のみ、トレーディングカード3種類のうち1枚をランダム封入
●初回限定盤(CD+DVD)価格:3500円+税

DVD
・「Love Like The Films」Music Video
・The Making of 「Love Like The Films」Music Video
※トレーディングカード3種類のうち1枚をランダム封入

●Primadonna盤(CD+DVD) WPZL-31664/5 価格:¥4,000+税

DVD
・「イ・ジェジン(from FTISLAND) 1st Solo Fan Meeting in Japan -眞様(JIN SUMMER)-」
2016.08.28 @ 中野サンプラザ ダイジェスト映像
※トレーディングカード3種類のうち1枚をランダム封入

◎トレーディングカード 全3種
・2ショット撮影会参加権利付トレーディングカード
・握手&プレゼントお渡し会参加券付トレーディングカード
・リリースイベント会場でのフォトタイム&お見送り付Meet&Greetへの応募シリアル番号付トレーディングカード

リリースイベント情報
2019年10月22日(火・祝)東京都 ニューピアホール
2019年10月27日(日)大阪府 大阪ATCホール ITMホール

ライヴ情報
イ・ジェジン(from FTISLAND) 1st Solo Mini Live Tour -Love Like The Films-
2019年10月23日(水)東京都 中野サンプラザホール(昼・夜公演)
2019年10月29日(火)愛知県 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール(昼・夜公演)
2019年10月30日(水)大阪府 NHK大阪ホール(昼・夜公演)

公式サイト:
https://ftisland-official.jp/