内田彩ニューアルバム11月27日リリース! 来年3月には2DAYSワンマンライブも開催決定

写真拡大

声優・アーティストの内田彩が、4thオリジナル・フルアルバム『Ephemera』を2019年11月27日(水)にリリースすることが決定。さらに、2020年3月14日(土)、15日(日)に埼玉・大宮ソニックシティ 大ホールにて『AYA UCHIDA 5th ANNIVERSARY LIVE』を銘打ったワンマンライブを開催することが発表された。

2014年11月12日にアルバム『アップルミント』でソロデビューし、今年アーティストデビュー5周年を迎える内田彩。2019年3月に所属レーベル『ZERO-A』が活動休止し、日本コロムビアから放つ約2年2カ月ぶりとなるフルアルバムは、最新シングルよりTVアニメ『五等分の花嫁』エンディングテーマ『Sign』や『Candy Flavor』はもちろん、書き下ろしの新曲が色とりどりに収められる予定だ。

アルバムタイトルの『Ephemera(エフェメラ)』は、”一時的なもの”や”儚いもの”を意味する刹那的ワード。本日公開された新ビジュアルは、5周年にして彼女の新たな一面を感じさせる仕上がりとなっている。

さらに、2020年3月14日(土)、15日(日)の2日間にわたり埼玉・大宮ソニックシティ 大ホールにてワンマンライブ『AYA UCHIDA 5th ANNIVERSARY LIVE』の開催が発表。ニューアルバム『Ephemera』の発売にあわせて、CD封入と内田彩OFFICIAL SITEでチケット先行を受け付ける。

なお、11月30日(土)には福岡・西日本総合展示場 新館にて行われる『北九州ポップカルチャーフェスティバル2019』への出演も発表されている。