ベック、リリース間近!?な新作のレトロ・フューチャーなアートワークを公開

写真拡大

 間もなくリリースと噂されるベックの新作『ハイパースペース』のアルバム・アートワークが公開された。

 以前インタビューで、「“Hyperspace”というタイトルは80年代のビデオゲーム、Asteroidsにあった“Hyperspace”ボタンにインスパイアされたんだ」と語っていたベックだが、公開されたアートワークもまさに80年代を彷彿させるものに仕上がっている。

 アルバム・アートワークに登場するのは、レトロな書体のカタカナでデザインされた“ハイパースペース”という大きな青文字ロゴ、バブル時代を思わせる白いスーツに身を包んだベック本人、そして1981年に発売された日本が誇る名車=真っ赤なトヨタ・セリカ(3代目)リフトバック、という“日本の昭和”感たっぷりなアイテムたち。赤・青・白のコントラストが強烈なインパクトを残すベックらしい“レトロで近未来的な”アートワークとなっている。

 現在のところ、新作『ハイパースペース』の発売日や収録曲等の詳細は一切アナウンスされていないが、この“日本オリエンテッドなアートワーク”を元に期待が高まる。