「楽天西友ネットスーパー」グランドオープン記者発表会に出席した辻希美(撮影・近藤由美子)

写真拡大

タレントの辻希美(32)が、台風19号の接近に備え、乾電池やガスボンベなどを買いに走るも、すでに行く先々の店で売り切れとなっている状況に悲鳴をあげた。

辻は11日、ブログを更新。「わが家もテントを畳んだり、飛びそうな物をしまったり…後は食料やお水の確保に行ったり ガソリン入れたり、、、出来る限りの対策をしようと思っています」としたが、その後の更新では「5軒回ってどこも売り切れ」と、飲料水が手に入らず、「まじか…」と落胆。さらに「電池やガスボンベも売り切れ パンやカップラーメンも無くなりかけてた」と状況をつづり、「とりあえず…お茶買って パン買って 野菜ジュースとか買っといた」と報告した。

各地のスーパーやホームセンターなどで、飲食料品や防災用品を求める人の長蛇の列ができており、品切れや品薄状態となっている。元AKB48の高橋みなみは「スーパー行ったらびっくりするくらい何も売ってなかった、、、カップ麺やら水やら買い込みました」とツイートし、タレントの福田萌も「台風の影響で早目に買い出しを済ませようとする人が多いのか、スーパーめっちゃ混んでた」と報告している。