画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Unicode Consortiumは10月9日(米国時間)、「The Unicode Blog: The Most Frequent Emoji」において、新しい絵文字を追加する時、現在の絵文字の使用頻度などを参考にしていると説明した。あわせて、現在使われている絵文字のランキングを紹介した。

紹介されている絵文字トップ10は次のとおり。

新しい絵文字は予測される使用頻度が大きな判断基準になると説明。絵文字の使用頻度を予測し、どのカテゴリに焦点を当ててどの絵文字を追加すべきかを検討するという。このため、 Unicode Consortiumは既存の絵文字の使用頻度を知ることが大切だと説明している。