画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本マイクロソフトは10月10日、第一生命保険が推進する次世代システム基盤「ホームクラウド」を構築したことを発表した。

「ホームクラウド」は、全社的なデジタルトランスフォーメーションを推進するための基盤として、2019年9月末より運用を開始している。Microsoft Azure上に構築されており、PaaSを活用することで、システム構成やメンテナンスなどに関わる工数を省力化し、システム運用の効率化とビジネス要件に対する俊敏性向上を図っている。

また、「ホームクラウド」はデジタルトランスフォーメーションを継続していくことを目的としている。そのため、デジタルトランスフォーメーションの実現に必要となる、既存システムのモダナイゼーションなどの「守りのIT(モード1)」と、環境の変化に対応する競争力強化を図る「攻めのIT(モード2)」の両方を支えるプラットフォームとして構築されている。

「ホームクラウド」では、オンプレミス環境とのデータ連携機能を共通サービスとして用意するとともに、クラウドとオンプレミス環境を統合的に運用できるハイブリッド運用環境を整備。また、「ホームクラウド」上で利用するシステムの運用をより効率の良い方法に最適化しながら、ビジネスの要件に対するシステムの俊敏性を高めるため、PaaSでのクラウド利用や、Azure DevOpsと連携した開発を推進している。