ガリガリガリクソンの公式ブログよりhttp://galixon.net/blog/

写真拡大

 お笑い芸人ガリガリガリクソンが10日、自身のブログを更新。「和製ジョーカーより愛を込めて。」というタイトルでアップされたその内容は、神戸市内の小学校で起こった教師同士による“いじめ”というセンセーショナルなニュースに触れたものであった。

 ガリクソンは私立中学に入学した頃を回顧。もともと根が明るく、リアクションも面白かったため、次第に先生からイジられるようになり、あることがきっかけで先生からも生徒からも「ヘラヘラ笑うだけで、何を言っても反抗してこない」という認識が広まったという。ある日、授業中に漫画を読んでいた生徒が、教師に問い詰められた結果、漫画はガリクソンのものであるとウソをついたことがあった。それを信じた教師はガリクソンを追及。当時の状況について、「椅子にロープでグルグル巻きに縛られて、お前が持ってきたんやろ!と延々と詰められました」と綴った。さらに、同級生によるイジメもエスカレート。学生時代は自殺を考えていたこともあったと告白した。

 ガリクソンは最後に「虐められる側にも問題がある、とたまに議論になる。それは100%あり得ない。いじめる奴ってのは、本当に中途半端に余裕のない奴。どうせ、それなりの人生しか送らない。そんな奴のために悩むなら、自分の好きな事を極めなさい、自分の好きな事を学びなさい」とエールを送った。

 「ガリクソンと言えば、芸人とトラブルを起こしたり、『R-1ぐらんぷり』を批判したりと多くの騒動を起こしていました。2017年には酒気帯び運転が発覚し、大阪府警にも逮捕されました。現在は、芸人として再始動しており、ファンも多くいます。今回のブログは、かなりの反響があったようで、ネットでは『素晴らしいです』『涙が止まりません』『悩んでいる子に読んでほしい』といった声がありました」(芸能ライター)

 このブログを読んで気持ちが楽になる学生や社会人も多いことだろう。いじめに悩んでいる人が一人でもこの記事の存在を知り、明日の生きる活力になることを願うばかりだ。

記事内の引用について
ガリガリガリクソンオフィシャルブログより https://ameblo.jp/galixon-official/