「東京五輪」に出たい(河本結)(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 後に続く者は出てくるか。女子プロ界を席巻する「黄金世代」のひとり、河本結(21)が10日、スタンレー女子ゴルフ(11日開幕=静岡・東名CC)の会場で、米国女子ツアーのプロテスト予選会「Qスクール」(10月23日〜)への挑戦を表明した。

パターで苦戦し畑岡奈紗に完敗…渋野日向子に足りないもの

 河本は以前から米ツアー挑戦の夢を周囲に語っていた。現在の世界ランクは58位。ランクを上げるための配分ポイントが高い米ツアーで、東京五輪に出場できる15位以内を目指す。「国内にいてはそれはかなり難しい」という。

 昨年プロ転向した河本は、同年ステップアップツアーで4勝を挙げ、今年3月のアクサ女子ゴルフでツアー初V。身長は163センチ。ドライバー飛距離は約247ヤードで、飛ぶ方だ。強気のプレーが持ち味。米国でやれるか不安はあるものの、「後悔はしたくない」と決断した。

 一方、全英でメジャー優勝した渋野日向子(20)はこの日、改めて来季の米ツアー参戦を否定した。

 あるツアー関係者がこう言う。

「河本の実力なら、Qスクールで来季ほぼフル出場できる20位以内には入れるでしょう。でも、飛ばし屋というほどではないし、アイアンの精度、小技などもまだまだ未熟。環境に慣れることも含めて、かなり厳しい戦いが待っている。国内ツアーでプレーした方が楽だし、はるかに稼げる。それでも東京五輪に出たいという気持ちから米ツアー挑戦を決意したのは、プロとして立派です」

 世界ランク11位の渋野は、台湾で31日開幕の米ツアー「スウィンギングスカート選手権」に主催者推薦で出場する。これも東京五輪に向けてランキングを少しでも上げたい思惑がある。来季の海外スケジュールはメジャーのスポット参戦だけ。渋野にこそ、フル参戦を決断して欲しいファンは多いはずだ。