11番でティーショットを放つ今平周吾。7アンダーで首位に(C)共同通信社

写真拡大

【ブリヂストンオープン】初日

パターで苦戦し畑岡奈紗に完敗…渋野日向子に足りないもの

 大会初日は前年覇者の今平周吾(27)が7バーディー、ノーボギーの64で回り、7アンダー単独首位に立った。

 ただ、今週末は非常に勢力の大きい台風19号が関東地方に接近、大会3日目の中止が決まり、3日間54ホールに短縮される。

 大会短縮で賞金もカットされるが、それでも上位3選手と大会終了後の賞金ランク上位7選手(有資格者除く)が日本初開催の米ツアー「ZOZO選手権」(千葉・習志野CC)に出場できるだけに、注目を集めている。

 日本勢はすでに、米ツアーで戦う松山英樹のほか、主催者推薦で石川遼、香妻陣一朗、小平智の出場が決まっている。

 ZOZO選手権には今大会後に決まる日本選手以外に、米ツアー枠60選手、スポンサー枠8選手の全78選手が参戦。予選カットなしで4日間行われる。

 なにしろ賞金が高額だ。日本ツアー最高の優勝賞金は日本オープンの4200万円。一方、ZOZO選手権はその5倍近い約2億円(175万ドル)だ。

 そればかりでなく、予選カットがないので4日間プレーすれば最下位でも高額賞金が支払われる。

「優勝賞金は発表されていますが、詳しい賞金配分は出ていません。ただ昨年10月に韓国で開催された米ツアー“ザ・CJカップ”が目安になります。出場選手が78人と同じで、優勝賞金は171万ドルとほぼ同額でした。最下位選手は77位タイに2選手がいて、獲得賞金は1万5295ドル(約165万円)です」(ツアー関係者)

 米ツアー出場権を手にしただけで“おいしい”ことがよくわかる。