歌手の矢沢栄吉(70)が、12日に日比谷野外大音楽堂で開催される予定だった「EIKICHI YAZAWA SPECIAL LIVE『THE STAR IN HIBIYA 2019』」の中止を発表した。

 このライブは1976年以来43年ぶりとなる野音ライブで、今年9月14日に70歳となった矢沢にとって、古希初のメモリアルライブになるはずだった。矢沢はオフィシャルサイトにて、「とにかく非常に残念です。せっかく、43年振りに日比谷に帰ってくる、本当に楽しみにしてました。やりたかったです」と、ファンに向けてコメントを発表した。

 また、現在全国ツアーを行っているDREAMS COME TRUEは、12日に宮城県で開催される予定だった公演の延期を発表。13日に千葉県の幕張メッセで開催予定だったBayFMのライブイベントも中止を発表した。イベントにはTHE RAMPAGEやGLAYなどの人気アーティストが出演する予定だったが、主催者側は「大型の台風19号の接近が見込まれ、生活インフラの大幅な乱れが予測されるため、ご来場のお客様の安全を第一に考慮致しました結果開催を中止させていただきます」とコメントした。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)