阪神で活躍したマット・マートン氏(写真はカブス所属時)【写真:Getty Images】

写真拡大

16日に関西で行われる「こども食堂ネットワーク関西」のチャリティーイベントに参加

 阪神で2010〜15年まで6年間プレーしたマット・マートン氏が自身のツイッターを更新し1年ぶりに来日することを明かした。関西で行われるチャリティーイベントに参加するようで「短い時間ですが、皆さんとの楽しいひと時を過ごせればと思っています」と綴った。

 マートン氏はこれまで地震、台風などの被災地支援などを行っている。今回も16日に関西で行われる「こども食堂ネットワーク関西」のチャリティーイベントに参加することが決まり自身のツイッターで「来週、1年ぶりに日本に帰ります!」と報告。

 加入1年目の2010年に当時NPB記録の214安打をマークするなど、6シーズンに渡って阪神を支えた元助っ人は「短い時間ですが、皆さんとの楽しいひと時を過ごせればと思っています。どうぞご家族、ご友人お誘いあわせのうえ、ご参加ください!」と、来場を呼び掛けていた。(Full-Count編集部)