ノーベル物理学賞の2氏が存在を証明した「系外惑星」とは?

ざっくり言うと

  • 2019年のノーベル物理学賞は「系外惑星」の存在を証明した2人の学者が受賞
  • 太陽系の外側にある惑星で、太陽系とはまったく異なる特徴を持つものが多い
  • 2人の発見を出発点として以降、系外惑星は次々と発見されているのだそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x