アンスがクラシコ出場可能に

写真拡大

アンス・ファティは10月26日にカンプ・ノウで行われるクラシコに出場可能となった。アスルグラナの同選手はブラジルで開催されるU-17W杯に挑むスペイン代表のメンバーから外れることなった。したがってバルサはU-17W杯が開催されるおよそ1ヶ月の間、同選手を失うことがなくなった。

アンスがU-21代表に招集されることが望みであることを明かしていたエルネスト・バルベルデは、アンス・ファティをレアル・マドリー戦で起用できることとなる。同若手FWの存在は、セビージャ戦での退場処分によって、ウスマン・デンベレのクラシコ欠場が決定しているため、より重要性を増している。

シーズンで最も重要な試合の一つを戦う上で、バルベルデはトリデンテの他にアンスのクオリティーと堂々としたプレーに期待できることとなる。

ダビド・ゴルド監督が発表したメンバーの中には、ホセ・マルティネスとイライシュ・モリバの二人のアスルグラナの選手達が招集されている。さらには今夏にバルサが獲得し、現在はラス・パルマスでプレーを続けるペドリもメンバー入りを果たしている。

スペインサッカー連盟(RFEF)は、今回の代表ウィークの中断期間に行われるU-21の親善試合にアンス・ファティが出場することを阻止していたFIFAとの形式的な手続きを終えている。今後のファティの代表招集に注目が集まる。

乾貴士、久保建英、香川真司ら出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部はWOWOWで。 
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>​