バルサのデ・ヨング

写真拡大

フレンキー・デ・ヨングは去年の夏にバルサに到着し、クラブでの最初の数ヶ月で彼のパフォーマンスは上がった。しかし、彼はまだもっと良くできることを認識している。

移籍市場が開くずっと前にバルサとの契約が決まるという事実により、デ・ヨングはずっと静かな夏を過ごした。「バルセロナに到着する前にすでに多くのことが行い、私はスペイン語を少し学んだけれど、街に着くとさらに多くの新鮮さがあったね」と彼は語った。

オランダ代表に集中しながらも、デ・ヨングは自身も出場したセビージャ戦の勝利(4-0)を評価した。「自分の学んでいるプロセスについてはあまり話したくない。この2週間で状況はずっと良くなった。最初は少しシンプルに始めて、そこからもう少し高度にプレーした。そして、そこから学んでいったんだ」と彼は話した。

バルセロナへの到着は、彼の人生に大きな変化をもたらした。「バルセロナではすべてのスケールが大きく、みんなが注目している。 空港に到着すると、何千人ものファンが私たちを待っているんだ。私はまだ帽子をかぶって街を歩き回ることができるよ。 写真を撮る必要がありますが、それは普通のことだよ」

乾貴士、久保建英、香川真司ら出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部はWOWOWで。 
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>​