ニッポン放送ショウアップナイターで解説を務める川相昌弘氏

写真拡大

セCSファイナルステージ第1戦

○ 巨人 6 − 0 阪神 ●

<10月10日 東京ドーム>

 10日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター CSファイナルステージ第2戦 巨人−阪神戦』で解説を務めた川相昌弘氏が、5回のダブルスチールについて言及した。

 巨人は3−0の5回一死一、二塁で丸佳浩の初球に、一塁走者・坂本勇人、二塁走者・亀井善行がダブルスチールを成功させた。

 このダブルスチールに川相氏は「こういうのが今年の打線プラス足技。良いところじゃないですか。まさかというところで、相手の心理を読んだ仕掛けだと思います」とコメント。

 丸はきっちりと犠飛を放ち得点した。川相氏は「理想的な点の取り方ですね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)