体調不良のクルトワ

写真拡大

スペイン人のベルギー代表監督ロベルト・マルティネス監督は、水曜日、レアル・マドリーのゴールキーパーであるティボー・クルトワがお腹の調子の問題で「約2キロ痩せた」と語った。

「我々はレアル・マドリーの医療部門と緊密に連携している。 彼が回復するのは時間が必要であるし、今も回復に向かっている」とマルティネスは、ユーロ2020の予選であるベルギー対サン・マリノの試合の記者会見で語った。

ベルギーのゴールキーパーは、10月1日の胃腸炎のため、レアル・マドリーのブルージュとの試合のハーフタイム後、フィールドに現れなかった。

しかし、マルティネスはクルトワが木曜日のサン・マリノとの試合に参加できると確信していた。「この2日間で彼はうまくトレーニングできた。明日の試合で彼に会えることを願っている」とコーチは語った。

「赤い悪魔」(ベルギー代表の愛称)の他のレアル・マドリーの選手であるエデン・アザールについて、「彼は代表に良い笑顔で戻ってきた」と語った。「サッカー選手として、新しいクラブで最初のゴールを決めたとき、それは新しい章の始まりのようなものだと思う」とマルティネスは先週の日曜日にレアル・マドリーとグラナダの試合でのアザールのゴールについて語った。

「アザールは今やワールドクラスであり、ユニークな才能を持ち、彼のキャリアの最高の瞬間にいる。彼にはワールドカップで獲た成熟度といくつかのクラブでプレーし、異なるタイトルを獲得した経験がある」とマルティネスはアザールを称賛した。

乾貴士、久保建英、香川真司ら出場予定試合をお届け!ラ・リーガ&ラ・リーガ2部はWOWOWで。 
<<<詳細・放送スケジュールはこちら>>>​