3歳G1完全制覇を狙うM・デムーロ

写真拡大

 「秋華賞・G1」(13日、京都)

 M・デムーロ騎手(40)=栗東・フリー=は3歳G1完全制覇が懸かる一戦。3戦無敗のサトノダムゼルとのコンビで、史上3人目の記録を狙う。

 3戦無敗のサトノダムゼルとコンビを組むM・デムーロにとって今回は、秋華賞初Vと同時に、史上3人目となる3歳G1コンプリートのチャンスだ。過去に7つ全てを勝っているのは武豊と、今年の皐月賞で達成したルメールの2人だけ。M・デムーロは今年のNHKマイルC(アドマイヤマーズ)とオークス(ラヴズオンリーユー)を制して王手をかけており、最後のピースを埋めるべく、気合をみなぎらせている。

 「もちろん、勝ちたいです。秋華賞は過去に悔しい負けがある。モズカッチャンで落鉄して3着に負けてしまった。1着がディアドラで、2着がリスグラシュー。今思えば、すごい相手だったね」と2年前の敗戦を残念がる。4年前にはクイーンズリングで、勝ったミッキークイーンの首差2着。勝ち鞍こそないが、このレースとの相性は決して悪くはない。

 相棒のサトノダムゼルは、重賞挑戦自体が初めてとなるが、デビューから無傷の3連勝と、まだ底を見せていないのが魅力だ。「勢いがあるし、負けていないように力はある。距離も大丈夫だと思う。ただ、前走は開幕週だから道悪でも走れたけど、できれば良馬場の方がいいね」。色気を見せつつも、台風の影響が気になる様子。キャリア3戦での秋華賞制覇は過去に例がないが、頼れる鞍上の手腕なら、無敗Vの可能性は十分にある。