<東洋太平洋&WBOアジアパシフィック・ライト級王座決定戦>1回TKO勝ちで新王者となり、3本のベルトを巻く吉野修一郎

写真拡大

 ◇東洋太平洋&WBOアジアパシフィック・ライト級王座決定戦12回戦 〇吉野修一郎 TKO1回2分10秒 ハルモニート・デラ・トーレ●(2019年10月11日 後楽園ホール)

 ライト級日本王者・吉野が豪快なTKO勝ちでアジア3冠を達成した。

 右ボディーを連打するデラ・トーレを返しの左フック一発で沈め「打ち終わりが雑だと気づいたので、そこを狙った」と胸を張った。米合宿の成果を発揮しての快勝。デビューから11連勝で日本に加えて東洋太平洋、WBOアジアと3本のベルトを手に入れた28歳は「少しずつ世界に名前を売りたい、海外でも試合がしたい」と力強かった。