“自転車事故794隊” 交通ルールの徹底を訴える

写真拡大

 警視庁で唯一の自転車事故対策の専門部隊、その名も「自転車事故794隊」が交通ルールの徹底を訴えました。

 自転車事故794隊:「夜間の安全運転に努めて下さい」「反射材っていって、ライトで光って事故防止になるものですので」

 警視庁の管内で最も自転車の保有台数が多い東京・江戸川区の葛西署管内では、今年に入って起きた交通死亡事故3件のうち、2件が自転車が絡んだ事故でした。そこで警視庁で唯一、自転車事故対策の専門部隊である葛西署の自転車事故794隊が地元の自転車店と協力して安全ルールの徹底と安全走行を呼び掛けました。

 半田正浩署長:「私、実は自転車屋の息子でありまして、自転車については特に思い入れがあります。自転車は大変便利な乗り物ですが、頭部を打ってしまえば死亡事故につながる。そういった点では、交差点において一時停止を必ずする、そして左右の安全確認をする、こういうことが一番大事だと思います」